検査

2020.02.09

内視鏡は眠ってできるの?

こんにちは。

当院では、
・口から入れる胃カメラ
・鼻から入れる胃カメラ
・大腸カメラ
を実施しております。

いずれも鎮静剤(静脈麻酔)を使用するかどうかは患者さまにお選びいただけます。

本日は内視鏡検査における鎮静剤の使用についてお話しさせていただきたいと思います。

胃カメラではのどの麻酔することによって反射をおさえて苦痛を和らげます。しかし、それでもなお苦痛を感じることも少なくありません。また、大腸カメラではカメラを挿入する際に腸を伸ばしたり、大腸の中を広げるために炭酸ガスを入れすぎるとお腹の張りや痛みがでることがあります。このような場合に鎮静剤を静脈注射することにより意識を低下させて緊張をやわらげ、苦痛を軽くします。

口から入れる胃カメラの場合、舌の根元にカメラのスコープが当たってしまうため、咽頭反射(オエっという吐き気)が強く出てしまいます。そのため口からの胃カメラを選択された患者さまには鎮静剤の使用を積極的におすすめしております。鎮静剤を使用した患者さまからは、「うとうとしていて検査中のことはあんまり覚えてないわ。」「もう検査は終わったの?」と、苦痛が少なく胃カメラを受けることができた、というお声をいただいております。

鼻から入れる胃カメラでは、口からの検査と違いスコープが舌の根元に触れません。そのため、口からカメラを入れた時と比較して咽頭反射が起こりづらい利点があります。
鼻からの胃カメラ場合でももちろん鎮静剤を使用していただけますが、鎮静剤を使用せず胃カメラの映像をモニターで見ながら検査を受けることが可能です。
会話もできますので、カメラを持っている医師にその場で質問をしていただくこともできます。
鎮静剤を使用せず検査を始めた場合でも、苦痛が強く検査を進めるのが難しい場合は途中から鎮静剤を使用することも可能です。

鎮静剤を使用した場合、麻酔の効果が切れるまで1時間程度寝た状態で休憩を取っていただきます。また、当日は自動車やバイク、自転車の運転を控えていただいております。
鎮静剤を使用しない場合は検査後の休憩時間を取りませんので、在院時間を最小限にでき、またお車での来院も可能です。

鎮静剤使用の有無は、検査前に医師と相談して決めていただけます。患者さまのご希望、これまでの胃カメラの経験の有無や、咽頭反射の強さ、過去の胃カメラでどれぐらい辛かったかなどを確認して検査方法を決定し、苦痛が最小限となるよう努めさせていただきます。

当院では今後、従来の鎮静剤より検査後短時間で目がさめる鎮静剤の採用を検討しております。これにより鎮静剤使用後の休憩時間を短くし、ご多忙の患者さまに少しでも早くご帰宅いただくことが可能になるかと思います。

胃カメラ、大腸カメラへのハードルが下がり、多くの患者さまが検査を受けられるような方法を今後も考えていきたいと思っています。

まずはご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございます。