病気について

2020.07.19

食道にカビ!?

食道にカビ!?と聞くと耳を疑う方もいらっしゃるかもしれません。

今回は食道カンジダ症についてお話しいたします。

 

「食道カンジダ症」とは食道の粘膜にカンジダと言う真菌(カビ)が食道内で異常に繁殖して炎症を起こしてしまった状態のことで、食道の感染症の中で最も多い疾患です。

真菌の一種であるカンジダはもともと人体の皮膚、咽頭、口腔、消化管に広く存在しています。通常、病原性はなく、わたしたちが健康なときは大人しくしている真菌(カビ)です。

カンジダは空気にさらされず、湿った環境でよく増殖します。食道は最も繁殖しやすい場所で、全身状態が低下している人(HIVに感染をしている人、糖尿病のある人、ステロイドを服用している人など)や抗生物質(抗菌薬)を長期的に服用している人などに感染を引き起こしやすいといわれています。

主な症状は、食道がしみる感じ・吐き気、嘔吐、飲み込みがうまくできなくなる、胸やけなどになります。なかにはまったくの無症状で胃内視鏡検査で偶然発見されることもしばしばあります。カンジダ菌は食道の壁の表層にとどまり、食道の深部や血液中に入り込んで感染症を起こすには至らないことがほとんどです。程度の軽いものであれば経過観察で済ませることが多いです。しかし、免疫機能が低下している、喉のつまり感や違和感、飲みにくさなどの症状があり、悪化の恐れがある場合には抗真菌薬による治療が行われます。

 

診断には胃内視鏡検査で食道粘膜に「酒粕様の白斑」と表現される白い点状のものとして観察されます。食物残渣と異なって、水で洗い流されないものがあれば診断されます。この白苔は顕微鏡検査を用いて病理組織を調べたり、培養検査を行ってカンジダ菌がいるか確定診断を行います。

 

当クリニックの内視鏡検査は基本的には予約制ですが、当日の胃内視鏡検査のご希望も可能な限り対応させていただいております。

当日の検査をご希望の方は朝食をとらずにご来院ください。(検査前日の21時以降禁食、お水、お茶は摂取可能です。)

また胃と大腸の両方の症状でお困りの方には、胃内視鏡検査と、大腸内視鏡検査を同日に行うことも可能です。検査の順番は通常、胃内視鏡検査を行った後に大腸内視鏡検査を行います。

ポリープ切除、生検検査などの処置がなければ胃・大腸内視鏡の検査時間は30分前後です。検査を同じ日に行うことで、前日からの食事制限、通院回数、院内での待ち時間を少なくし、身体的、時間的負担を軽減することができます。

胃痛、胃もたれ、胸やけなどの消化器症状でお困りの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。