予防接種

各種予防接種

各種予防接種を行っております。お電話にてお問い合わせください。

予防接種を受けられない方・注意が必要な方

  • 発熱(37.5℃以上)ある方
  • 重篤な急性疾患を引き起こしている方
  • ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  • 風疹、麻疹の予防接種を受ける予定で妊娠している方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • 今までにけいれんを起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また近親者に先天性免疫不全の方がいる方

インフルエンザ

インフルエンザは毎年冬季に流行します。流行は11月下旬頃にはじまって、ピークを迎えるのは1月〜3月上旬頃です。インフルエンザワクチンの接種で十分な予防効果を得るためには、その効果がピーク期間に持続することが重要です。インフルエンザワクチンは、接種して2週間後に効果を現しはじめて5ヶ月間効果が持続するため、12月中旬までに接種しておくことがベストタイミングです。ただし、受験などで大事なスケジュールが12月にある場合には、11月中旬までの接種が有効なケースもあります。
予防接種は、感染自体の予防効果も期待できますが、発症した場合に重症化や合併症を抑える効果が期待できます。また、予防接種を受ける方が増えれば大きな流行を抑えることができるという社会的なメリットにもつながります。
当院では、3歳以上の方に向けたインフルエンザ予防接種を行っています。なお、65歳以上の方がインフルエンザワクチンを接種する場合、公費助成の対象になります。

予約はこちら

インフルエンザ問診票はこちら

肺炎球菌

肺炎は日本で死因の第3位とされてきた深刻な病気です。肺炎によって亡くなった方の97%が65歳以上とされているため、高齢者には特に注意が必要です。肺炎の原因となるのは肺炎球菌が多いのですが、肺炎球菌ワクチン接種によって発症や重症化の予防が可能です。肺炎球菌ワクチンの効果は5年程度持続するとされているため、前回接種から5年経過している場合には再接種が必要です。