胃カメラ

胃カメラとは

胃カメラとは

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、口または鼻からカメラを挿入し、咽頭(のど)、食道や胃・十二指腸を調べる検査です。
当院では口からカメラを入れる経口内視鏡検査と、鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査も行っており、患者様のご希望で選択できます。

経口内視鏡

お口からカメラが入ります。カメラの径が太いため病変部をより鮮明に見ることができます。オエッとなる反射が起こりやすいです。鼻炎や花粉症、鼻出血起こしやすい方、鼻腔が湾曲している方は口からをお勧めします。

経鼻内視鏡

お鼻からカメラを入れます。カメラの径が細く、反射が起こりにくい通り道を通ってカメラを挿入するのでオエッとなりにくいです。お話ししながら検査できます。
鎮静がなくても可能です。

当院では胃カメラによる苦痛を軽減するため、積極的に鎮静剤を使用しています。
不安のある方、ぜひご相談ください。

最新の富士フィルム内視鏡システムを導入

当院では富士フイルムの最新内視鏡システムを使用しております。

LED光源搭載内視鏡『6000システム』

最新の富士フィルム内視鏡システムLED光源搭載内視鏡システム「6000システム」は,観察に適した画像を作り出す技術「Multi-Light Technology(マルチライトテクノロジー)」により,微小な病変の発見をサポートします。

画像強調観察BLI/LCI機能に対応

画像強調観察BLI/LCI機能に対応複数の照明の発光強度比を制御して、白色光と短波長狭帯域光を生成し、画像処理を組み合わせることで、観察に適した画像を作り出す技術「Multi-Light Technology」を採用した6000システムの専用スコープ。粘膜表層の微細な血管や粘膜の微細な構造などを強調して表示する機能「BLI」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI」により、炎症の診断や早期がんに特徴的な微小な病変の観察をサポートします。

光学拡大倍率約145倍を実現

光学拡大倍率約145倍を実現し、粘膜表層を詳細に観察できるため、微小病変の早期発見への貢献が期待されます。また、近接1.5mmからの観察が可能なレンズを採用し、粘膜表層の微細な血管模様や構造の視認性向上が期待できます。

当院の胃カメラの特徴

特徴1 鎮静剤で眠ったままリラックスした状態で受けられます

鎮静剤で眠ったままリラックスした状態で受けられます当院では鎮静剤を使うことでウトウト眠っているような状態で検査を受けていただけます。また、使用する内視鏡スコープは細径のものを用いていますのでお身体への負担も軽減しています。深くリラックスしている状態ですからよりスムーズな検査が可能になり、検査時間も短縮できます。

特徴2 経鼻内視鏡、経口内視鏡を選べます

経鼻内視鏡、経口内視鏡を選べます当院の胃カメラ検査は、内視鏡スコープを鼻から挿入する経鼻検査、口から挿入する経口検査の両方を行っており、どちらにするかを患者様に選んでいただいています。当院が導入している内視鏡スコープは細径ですから鼻と口のどちらから挿入する場合も、適切な処置によりほとんど不快感のない検査が可能です。また、鼻からの経鼻検査では、強い吐き気を起こす部分にスコープが直接触れることがないため楽に検査を受けられますし、口が塞がらないため検査中に医師と会話をすることもできます。

特徴3 最新鋭の内視鏡システム

当院で導入している内視鏡システム6000は、スコープ先端の光源に明るいレーザーを搭載するなどにより、高度で詳細な検査が可能になっています。
このレーザー光は粘膜の詳細な観察や鮮明な画像の記録が可能ですから、微小な病変を発見しやすく、短時間に精緻な検査を行うことができます。
また、画像強調観察を可能にする「BLI(Blue Laser Imaging)」「LCI(Linked Color Imaging)」といった独自の機能を持っているため、早期がんで特徴的に現れる粘膜の表面構造や毛細血管の状態といった微細な変化を簡単に観察できます。こうした機能が早期発見を強力にサポートしてくれます。

BLI説明

LCI説明

特徴4 条件が合えば初診当日の検査も

初診当日の内視鏡検査は、最後に食事をされた時間や検査枠の空きといった条件が合えば可能です。お忙しくて何度も通うのは難しい方、できるだけ早い検査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

特徴5 ストレッチャーで寝たままリカバリールームへ移動

鎮静剤を用いて、検査をした後は寝たままの状態でリカバリールームまで移動してお休みして頂くことが可能です。体への負担を抑えて、楽な姿勢のまま体内から鎮静剤が抜けるまでゆっくりお休みください。

特徴6 胃カメラと大腸カメラの同日検査

院内紹介当院では1日で胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査の両方を受けていただくことも可能です。前日の食事制限なども1回ですみますから、お忙しい方にもおすすめできます。胃・大腸カメラの同日検査が可能かについては医師が判断しますので、まずはご相談ください。

特徴7 土日の検査も可能

当院は、土日にも胃カメラ・大腸カメラ検査を行っています。内視鏡検査は早期発見に有効です。平日はなかなかスケジュールを作れない方こそ受けるメリットが大きいことから土日に検査を受けていただけるようにしています。

胃カメラの流れ

前日

  • 夕食は21時までに消化の良いものを食べて下さい。
  • 前日より、アルコールはお控え下さい。

当日朝

  • 朝食は抜いて下さい。水分(水、お茶)は飲んでも構いません。
    ※夕方胃カメラを希望される方は朝早めに朝食(消化の良いもの)を摂って、昼食は抜いて来て下さい。
  • 朝内服がある場合は検査3時間前までにコップ1杯のお水で内服して下さい。
  • 糖尿病で内服薬・インスリンを使用中の方は、当日朝は使用しないで下さい。(低血糖になるため)
  • 検査30分前に来院して下さい。

来院後

  • 問診
  • 経鼻か経口かを選択して頂く。
  • 前処置(胃の泡を消すお薬、鼻又は喉の麻酔)
  • 鎮静剤使用の場合は、点滴をとらせて頂きます。
  • 検査直前に鎮静剤(ウトウトする薬)を入れていきます。
    ※鎮静剤を使用する場合は、車・自転車・バイクを運転してくるのはお控え下さい。
  • 検査は5~10分で終了します。
  • 必要があればピロリ菌の検査をさせて頂く事があります(約20分の検査です)

検査後

  • 目が覚めるまで1時間程休憩して頂きます。
  • 覚醒後に検査結果を説明します。(生検などの結果は後日説明します。)
  • 飲食は1時間後から可能です。
  • 激しい運動は避けてください。

検査費用

1割負担 3割負担
胃カメラ検査のみ 約1,500円 約4,500円
胃カメラ+病理組織検査 約3,000円 約9,000円