gastric_ulcer 胃潰瘍

gastric_ulcer 胃潰瘍

胃潰瘍

胃粘膜の防御力低下や胃酸過多によって胃粘膜が胃酸で分解されてしまい、深く傷付いた状態が潰瘍です。悪化すると出血し、まれに胃に穴が開いてしまうこともあります。その場合には緊急手術が必要です。

症状

お腹の上の方やみぞおちに症状を起こします。違和感や不快感だけの場合もありますし、鈍い痛みや胸焼け、吐き気などを起こすこともあります。空腹時に痛みが起こり、食事をすると痛みが解消するケースもあります。悪化すると吐血や下血(黒いタール便)を起こすことがあり、胃に穴が開いてしまう穿孔を生じると激痛を起こします。

原因

検査方法ピロリ菌感染によって起こっているケースが多く、他に非ステロイド系消炎鎮痛薬の服用による薬剤性潰瘍も増えてきています。どちらの場合も、吐血や穿孔を起こすまで悪化する可能性があります。 ピロリ菌に感染していると胃に慢性的な炎症を起こしやすく、そのダメージが重なって傷が深くなると潰瘍になります。ピロリ菌は、除菌治療によって除去することが可能です。ピロリ菌感染によって潰瘍ができていた場合は、除菌されると胃潰瘍の再発がほとんどなくなります。 薬剤性潰瘍は慢性的な腰痛や頭痛の治療として非ステロイド系消炎鎮痛薬を処方されている方に多く、その場合には処方を変更してもらう必要があります。ただし、非ステロイド系消炎鎮痛薬は市販の風邪薬や痛み止めなどにも含まれているため、市販薬にも注意が必要になります。

診断

胃カメラ検査で粘膜の状態を直接確かめて診断しています。検査中に組織を採取して病理検査を行うことで幅広い胃疾患の確定診断が可能ですし、ピロリ菌感染の有無を確かめることもできます。また出血している場合は、内視鏡検査中に止血処置もできます。胃潰瘍と胃がんの鑑別は内視鏡検査に精通した消化器専門医の検査が必要です。

治療

症状は過剰な胃酸に刺激されて起こるため胃酸分泌抑制剤を用い、胃粘膜保護のための薬剤も処方します。 ピロリ菌感染陽性の場合は、粘膜の状態がある程度回復したら除菌治療を行います。 非ステロイド系消炎鎮痛薬による潰瘍の場合には、内服の中止、副作用の少ない薬への処方変更も不可欠です。 出血がある場合には、内視鏡検査中に内視鏡的止血術を行います。傷が深く出血がひどい場合や、穴が開く穿孔を起こしている場合には、緊急手術が必要になります。 内視鏡検査で胃潰瘍とそれによく似た胃がんを見分けるためには、拡大や特殊光を使える最新の内視鏡システムが必要ですし、経験が豊富で検査に熟練した専門医による検査が不可欠です。当院では、大学病院レベルの内視鏡システムを導入し、高度医療機関で長く消化器科の研鑽を積んだ専門医が検査を行っていますので、ご不安がありましたらご相談ください。

ご注意ください

胃や十二指腸に発生する潰瘍は、そのほとんどがピロリ菌感染、そして非ステロイド系消炎鎮痛薬の服用によって起こっていますが、食事内容やストレスといった生活習慣が症状を悪化させているケースがよくあります。 胃などの消化管の機能は自律神経がコントロールしています。そのため、ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、消化管の機能も乱れてしまいます。ストレスによって胃潰瘍も症状が悪化しやすいため、十分な睡眠や休息をとり、上手にストレスを解消するよう心がけてください。 また、食事では、胃酸分泌を促進する油っぽいメニュー、アルコールやカフェイン、刺激の強い香辛料をとり過ぎるとダメージが増えて症状を悪化させやすい傾向があります。胃粘膜への負担が大きい食事をできるだけ避けて、早めにご相談ください。

24時間
WEB予約
内視鏡専用
WEB予約
内視鏡専用ダイヤル
080-2368-0033
予約受付 | 9:00-17:00

事前記入で待ち時間を削減

事前WEB問診
LINE予約 求人募集
PAGE
TOP
事前
WEB問診
LINE予約
求人募集